医療機関向けのプラセンタ

プラセンタも探せばあるもんですね。
医療機関向けのプラセンタ原末です。

かなり効きそうですよ。
なんてたって、医療機関向けのプラセンタ原末ですからね。

専門の薬局さんが売りに出されています。

■医療機関向けのプラセンタ


名称:プラセンタエキス含有加工食品
内容成分:プラセンタエキス(豚由来)、グリシン


プラセンタ 植物性

プラセンタもいろんな種類があるのですが、大きくは動物性プラセンタと植物性のプラセンタの2種類。

個人的には、動物性プラセンタは、BSE等のからみもあって、植物性のプラセンタのほうが安全かなと思っています。


動物性プラセンタにも、ブタ由来のプラセンタ、ウシ由来のプラセンタ、ヒツジ由来のプラセンタなどがあるようですが、成長促進剤などが生体濃縮されている可能性もあるわけで、植物性プラセンタよりは、某かの危険性が否めません。

動物性プラセンタのほうが、細胞の呼吸作用の促進や、皮膚組織の再生、新陳代謝、美白効果、若返り効果、アンチエイジング効果があるとされていますが・・・


その点、植物性のプラセンタの方が比較的安心できると言えるでしょう。

細胞の呼吸作用の促進や、皮膚組織の再生、新陳代謝、美白効果があるとされた成分が動物性プラセンタです。