プラセンタドリンク

プラ戦tなにお種類が色々ありますが、植物性のプラセンタ。

動物の成長点を利用した動物由来のプラセンタは、狂牛病やウィルスなどが心配です。

なので、植物性のプラセンタ。

植物の成長点を利用している、ライ麦から生まれたライプラセンタは、遊離アミノ酸は、動物プラセンタの5倍以上含まれているようです。

飲むプラセンタなので、便利ですよ

ライプラセンタ

動物性のプラセンタではなくて、植物から作ったプラセンタもあるんだね。

ライ麦から作ったので、ライプラセンタ

これは飲むプラセンタ。

このライプラセンタは、厳しいEUの基準にかなった有機栽培・無農薬・遺伝子組み換えでないライ麦由来のプラセンタを使用していて、残留ホルモンなどの心配がないのが特徴。

植物性のプラセンタだから、狂牛病などの心配もない、安全で斬新なプランセンタなのです。

でも、高いのがデメリットだな。

ライプラセンタの効果のほどは、個人差があるので、なんともだな。

プラセンタの種類

プラセンタ(胎盤)は、いろんな動物のプラセンタを使っています。

人のプラセンタは、主に医療用として使われています。

動物のプラセンタには、豚プラセンタ、羊プラセンタ、牛プラセンタなどがあります。

化粧品やサプリメントで使用されているのは、主にブタプラセンタ、ヒツジプラセンタなどです。

特に、豚プラセンタは、人間の組織に非常に良く似ているということから、相性がよく、多く用いられています。

医療機関向けのプラセンタ

プラセンタも探せばあるもんですね。
医療機関向けのプラセンタ原末です。

かなり効きそうですよ。
なんてたって、医療機関向けのプラセンタ原末ですからね。

専門の薬局さんが売りに出されています。

■医療機関向けのプラセンタ


名称:プラセンタエキス含有加工食品
内容成分:プラセンタエキス(豚由来)、グリシン


プラセンタ 植物性

プラセンタもいろんな種類があるのですが、大きくは動物性プラセンタと植物性のプラセンタの2種類。

個人的には、動物性プラセンタは、BSE等のからみもあって、植物性のプラセンタのほうが安全かなと思っています。


動物性プラセンタにも、ブタ由来のプラセンタ、ウシ由来のプラセンタ、ヒツジ由来のプラセンタなどがあるようですが、成長促進剤などが生体濃縮されている可能性もあるわけで、植物性プラセンタよりは、某かの危険性が否めません。

動物性プラセンタのほうが、細胞の呼吸作用の促進や、皮膚組織の再生、新陳代謝、美白効果、若返り効果、アンチエイジング効果があるとされていますが・・・


その点、植物性のプラセンタの方が比較的安心できると言えるでしょう。

細胞の呼吸作用の促進や、皮膚組織の再生、新陳代謝、美白効果があるとされた成分が動物性プラセンタです。

プラセンタの種類

プラセンタにもいろんな種類があります。

飲むプラセンタや、塗るプラセンタ、または医療行為としての皮下筋肉注射のプラセンタ、または埋没法のプラセンタ。
プラセンタ治療では、注射や点滴、内服薬や埋没法があります。

いろんな種類があるんですね。

よくあるパターンとしては、内側と外側から同時に接種する方法がお手軽に摂取できます。

飲むプラセンタと、塗るプラセンタ。

これらは、お手軽だけど、効き目は?ですね。

効果的なのは、医療行為としてのプラセンタの活用。

昔からあるのは、埋没法。

いろんなプラセンタの活用法がありますが、副作用も考慮して使ってください。



プラセンタ

プラセンタも飲むものや外用薬として付ける物など、いろいろありますね。


プラセンタを紹介しているサイトもいろんなものがあります。

・プラセンタスキンケア
生命の源であるプラセンタのチカラで 肌細胞いきいきとよみがえらせます。

・飲む植物性プラセンタ
植物原料だから試してみたい そんな声に支持されてます

・プラセンタなら
動物性プラセンタの30倍の美白力。 植物性スーパープラセンタを特価で

・超特価。βプラセンタ30000
ピュアなプラセンタエキスのみを配合 キャンペーン超特価で販売中!

などなど・・・

あなたにあったプラセンタをお試し下さい。

プラセンタの効用

プラセンタは昔から病気を直すために用いられてきましたが、今は、美肌効果やアンチエイジング物質として注目され、使われるようになってきました。

プラセンタもカラダの内側と外側から摂取することで、その効果を充分取り入れるようになってきています。

カラダの内側からは、飲むプラセンタとしてサプリメント形式で販売されています。

カラダの外からは、主に外用薬として使われています。
プラセンタは、紫外線によって活性化するチロシナーゼを阻害し、シミやくすみができにくい、透明感あふれる肌に整える作用があり人気となっています。




プラセンタの効能

従来から、プラセンタは、肝機能障害に有効とされています。
それは、プラセンタが持つ細胞活性化作用が肝細胞増殖因子に作用し肝細胞の増殖を促すためです。
肝機能が向上することにより、代謝・解毒・排泄の作用が向上し、それがカラダ全体の細胞の活性化に役立っているようです。

また、プラセンタは細胞の新陳代謝を高め、皮膚の血行を改善し老廃物の除去をスムーズにします。

だから、美容、美肌、健康にいいんですね。

プラセンタには、飲用するタイプや、塗るタイプ等あるため、あなたにあったプラセンタを選んで、毎日の美容と健康にお役立てください。

プラセンタとは?

プラセンタとは胎盤のこと。
日本では昭和20年代から、肝機能障害や更年期障害に対する治療方法として、胎盤(プラセンタ)埋没療法、胎盤漿療法が行われてきました。

最近では、麻酔や切開なしで胎盤を体内に入れる方法として、プラセンタを直接皮下注射、筋肉注射する方法がとられてきており、プラセンタもヒトやブタ、ウシ、ヒツジ由来等があります。

注射の他にも、内服薬として、また外用薬としても処方されています。

健康志向が強い最近では、プラセンタは細胞を活性化するとして、アンチエイジングや美肌に有効とされ人気となっています。